調理師

●どんな資格

調理師は、厚生労働省管轄の国家資格(免許)です。

調理師は、調理に関する技術だけでなく、
食品の栄養についての知識、衛生、食中毒、適切な調理法などなど、
食品に関するあらゆる知識を身につけたものに
与えられる資格です。

調理師の資格を取るには、
厚生労働大臣が指定の調理師学校(養成施設)に入学して、
調理師として1年以上必要な知識及び技能を修得する必要があり、
この場合は卒業と同時に、調理師の免許が与えられます。

もうひとつ、中学校を卒業した人であるならば、
調理施設や飲食店などで調理の実務(助手や見習い)の経験を
2年以上積んだ場合、調理師試験を受験して、
合格すれば調理師の資格を得ることができます。

国家資格で、1度取得したら、ずっと使える資格です。
食品関係の仕事に携わるのならば、取得しておきたいですよね。

●こんな人にオススメ

調理の仕事は、この調理師の資格がなくても
モチロンできるのですが、
食品を提供するサービスを仕事とするならば、
まず求められる資格がこの調理師です。

雇う側としては、最低限のことが出来る証明となるのが
調理師の資格であると言うわけですね。

調理師は専門学校に通わなくても、
実務経験があれば取得できる資格ですので、
努力次第では、比較的取りやすい部類に入ります。
例えば、栄養士の人が、食品関係の仕事を経て、
調理師の資格を取るという、有効的な取得方法もできます。

ですので、調理師の資格だけでなく、
他のフード関係の資格と合わせて持っていると、断然有利です。
例えば、流行りのオシャレなレストランを目指すなら、
調理師+ワインアドバイザーを持っていたらどうでしょう?
ワインに会う料理を作ることに長けたシェフにもなれますよね。
自分の活躍したい場所で、より大きな力を発揮することができます。

調理師の将来は、選択肢が数え切れないほどあります。
食品産業は、益々発展していくでしょうし、
自分の力でお店を持つことも夢ではありません。

●資格の詳細

《主催》
各都道府県の衛生主管課

《受験資格》
中学校卒業以上で、2年以上の調理実務経験を経た人。
養成学校に通う場合葉、無試験で取得できます。

《勉強方法》
養成学校で調理師資格に関する知識をマスターします。
もしくは、2年以上の実務経験を経て、独学で学びます。

《取得期間の目安》
指定の調理師学校(養成施設)に通う場合昼間1年、夜間1年半。
直接試験を受けるのならば、2年以上の実務経験が必要です。

《取得にかかるおおよその費用》
受験費用6000円〜7000円。(都道府県により異なります)
養成学校に通うならば、養成学校の費用が必要になります。

《試験の時期、合格率》
試験の時期は都道府県により異なりますが、年に1回。
合格率は、約50%です。

暮らしお役立ちニュース

あなたにあったボッテガヴァネタ【BOTTEGA VENTEA】輸入SHOP | 財布専門店でぜひ!

テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1