製菓衛生師

●どんな資格

身近に食べられる美味しいもの、
パンやケーキなど特に女性にはたまらないものですよね。

これらを作る仕事に活きる資格が「製菓衛生師」です。

菓子製造業とパン製造業において、
製菓技術や食品衛生、添加物、保存方法など
幅広い知識を身につけた証となる国家資格です。

厚生労働大臣が指定しする製菓衛生師養成施設を
卒業することで、無試験で取得することができます。
その他、実務経験を2年積むことによって、
国家試験を受験し、合格することでも取得が可能です。

しかし、未成年者飲酒禁止法により、
満20歳までは調理業務に従事することができません。
神奈川県では、神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例によって、
製菓衛生師を受験することさえも禁じられています。

●こんな人にオススメ

食べることが好きな人、作るのも大好きな人には、
仕事にも日常生活でも、しっかりと活かす事のできる資格ですよね。

パン屋さん、ケーキ屋さんになりたいという夢は、
パティシエという肩書きに自信を持つためにも、
基本的な知識を持つ証として、
製菓衛生師は習得しておきたいものですよね。
誰もが子供の頃に夢見たことがあるのではないでしょうか?
お菓子作りの世界は、腕次第、やる気次第では、
高収入も夢ではないのです。(^^)

食に関わる調理師、栄養士、製菓衛生師、
どれもが現代の多様化する食文化から
切り離せない資格なのではないでしょうか。(^^)

栄養士は全日制の学校に2年間通わなくてはなりませんが、
調理師や製菓栄養士は実務経験を積むことで
試験を受験することができるので、
例えば栄養士にプラスして取得すれば、
専門的に栄養を考慮したケーキやパンを作れる
自分だけの能力が身につくことでしょう。

●資格の詳細

《主催》
各都道府県・衛生主管課

《受験資格》
中学卒業以上で厚生労働大臣の指定した製菓衛生師養成施設で
1年以上必要な知識を習得し、修了した場合は
無試験で免許を取得できます。
養成学校に通わない場合は、2年以上の製菓製造業に従事した人。

《勉強方法》
養成施設に通学します。
製菓製造業に従事の経験があれば、独学でも可能です。

《取得期間の目安》
養成施設の修業年限は1年です。
試験を受ける場合、実務経験は2年以上必要です。

《取得にかかるおおよその費用》
通学の場合、学費は学校により異なります。
試験費用は9500円前後、申請費用は5000円前後です。
(都道府県により異なる)

《試験の時期、合格率》
製菓衛生師養成施設を修了することで取得できます。
試験の合格率は、約80%です。

暮らしお役立ちニュース

テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1