家庭料理技能検定

●どんな資格

家庭の食卓を支えるのが家庭料理です。
これは「おふくろの味」と言ったところでしょうか、
何より身近で温かく美味しいものですよね。

家庭料理は、専門的な技術を見につける調理師とは少し違って、
料理に関する基本的な調理方法が
当たり前のように出来なくてはなりません。
このような技能を身につけることを目的とし、
それを審査し、認定するのが「家庭料理技能検定」です。

あまり広くは知られていないのですが、文部省後援の資格です。
高レベルな1級から、初歩の4級まで段階があり、
それぞれのレベルに応じた問題が出題されます。
調理方法、下ごしらえ、献立、食品の知識などが問われ、
筆記と実技で合格判定がされます。

2級、1級ともなると、かなりハイレベルな問題が出題され
難しい検定ですが、取得しておけば、
料理教室や料理研究科などへの道へも開かれることでしょう。

●こんな人にオススメ

お料理が好きな方、料理教室を開きたいなと思っている方は、
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
使い方としては、料理教室をする時などに、
自分の能力をハッキリと明示することができます。

独学でも取得できますし、学校に通う必要もありません。
これからお料理を本格的に始める方、
ビギナーの方にも、参考書を片手に初めてみてはいかがでしょう?

初歩の4級からはじめれば、この資格の勉強をしながら
基本的な調理方法や、調理器具の使い方などを
ひとつづつ的確に身につけることが出来ますので、
花嫁修業のひとつとして、挑戦してみるのもオススメですよ。

この資格が調理師や栄養士、製菓衛生師と大きく違うのは、
これを持っているからといって、
特殊な業務に就けるわけではないのですが、
生活に密着した調理技術を身につけておくためにも、
食品専門職の方が取っておくのも有利に働きますよね。

●資格の詳細

《主催》
女子栄養大学 生涯学習センター
http://www.eiyo.ac.jp/fuzoku/shogai/

《受験資格》
制限はありません。どの級を受験するのも自由です。

《勉強方法》
参考書、問題集、独学、通信講座、料理教室など。

《取得期間の目安》
努力次第です。

《取得にかかるおおよその費用》
4級 9,000円、3級 12,000円、2級 15,000円、1級 17,000円。
部分合格をしている場合は、約半額が免除になります。

《試験の時期、合格率》
どの級も、年に1回、9月に開催。
試験の合格率は、4級が約80%、1級は約15%です。

暮らしお役立ちニュース

テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1