パン製造技能士

●どんな資格

製菓衛生士もパンを扱う国家資格ではありますが。
「パン製造技能士」という、パンにはパン専門の資格があります。

パンを作るために必要な技能、技術、知識を
身につけた証となる国家資格で、筆記と実技試験が行われます。
特級、1級、2級と3段階のレベルがあります。

筆記試験は製品の検査や衛生管理など、
パン製造販売における様々な技能が試されます。
実技試験は前日に問題が出され、それに応じて
パン生地の材料を選んだり、配合を行って、
仕込み、成形して焼き上げるだけでなく、
もちろん予算や利益も考える必要があります。

問題はそれぞれのレベルに応じた内容となっていますが、
焼き上げるまでの試験であるため、
試験時間が3〜6時間に渡るのも特徴的です。

実務経験が必要な資格で、パン製造に特化されますが、
パン作りを極める上で、
必要となる資格であることは間違いありませんよね。

●こんな人にオススメ

パン製造技能士は、パンに関わる仕事をする上で、
どうしても必要になる資格と言えるでしょう。

家庭で本格的なパン作り教室を始めたい方も、
より正しい知識を教授していくためにも、
パン製造技能士の資格勉強を進めることをオススメします。

最近では、ホームベーカリーも小型化して
お手頃にもなって、一般家庭にも普及してきました。
ふんわりホカホカの焼きたてパンって、
1斤を1人で軽く食べられちゃうぐらい美味しいですよね!
そんなところから「パン作りって面白い!」と思った方も、
パン製造技能士の勉強を通じて、
もっと奥深くパンを追求してみてはいかがでしょうか?(^^)

3段階のレベルがありますから、2級から初めて、
順にレベルアップしていけると良いですよね。

●資格の詳細

《主催》
各地の都道府県職業能力開発協会

《受験資格》
原則として実務経験が必要ですが、職業訓練等によって違いがあります。
(実務経験だけなら、2級で2年以上。)

《勉強方法》
専修学校、職業訓練、実務など。

《取得期間の目安》
2級で2年以上の実務経験を積む、
専修学校に通うなど、相応の時間が必要です。

《取得にかかるおおよその費用》
学科 3,000円前後、実技15,000円前後です。
各都道府県によって異なります。 

《試験の時期、合格率》
2級、1級は年に2回、特級は年に1回です。
合格率は約50%です。

暮らしお役立ちニュース


テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1