フードアナリスト

●どんな資格

アナリストというのは、分析家という意味があります。
それをふまえて、フードアナリストとは、
食べ物の分析家という意味をもつ資格になりますね。

食べ物をそのものだけを分析するのではなく、
食物や食文化を広く学び、お店の雰囲気なども総合的に評価し、
格付けする知識や技能を身につけることを
目的とした新しい資格です。

食物、食空間に関する知識だけでなく、
マナーはもちろん、レストランで使われる用語や
フランス語や英語なども試験科目に含まれます。
食べ物だけでなく、ドリンクなどの知識も必要となり、
幅広い知識が求められる資格と言えるでしょう。

●こんな人にオススメ

フードアナリストは、レストランを評価するだけでなく、
飲食店の調査や、衛生検査を行うなど、活躍の場面は様々です。

食品製造だけでなく、提供する空間も総合的に学ぼうとすれば、
フードアナリストで網羅する分野は、有効な勉強ですよね。

食文化に関わる仕事に使える資格ですので、
食べることが好きな人はもちろんのこと、
レストランなど食品を提供する立場にある人も
有効に使える資格であるといえます。

入会費、年会費など、費用がかさむのが難点で、
まだ新しい資格なので認知度も低いのですが、
このまま食文化が多様化するこの時代に、
必要となる資格であることは間違いないでしょう。

●資格の詳細

《主催》
日本フードアナリスト協会
http://www.foodanalyst.jp/

《受験資格》
満18歳以上の良識ある男女であれば
国籍、性別、学歴等、受験資格は問いません。
資格取得のスタートは4級からで、
受験を希望する級のひとつしたの級を持っていないと、
上位資格を受験することはできません。

《勉強方法》
通信教育、カルチャースクール、要請講座、参考書、独学など。

《取得期間の目安》
勉強方法によって異なりますが、
4級の通信講座は約4ヶ月です。

《取得にかかるおおよその費用》
4級、3級 7,000円です。
合格後にフードアナリストの名乗るためには、
入会金1万円、年会費2万円を払って、
日本フードアナリスト会員になる必要があります。
年会費は、2年目から2,000円ずつ減り、
6年目以降は10,000円です。

《試験の時期、合格率》
合格率は約50%です。

暮らしお役立ちニュース

まだ借りたい!安全な消費者金融を探すならドコ?

テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1