フードコーディネーター

●どんな資格

食文化が多様化して、あらゆるニーズがある中で、
栄養士、調理師など食品を製造する立場の知識に加え、
サービングする立場の知識、マナー、盛り付け、
バランス、色彩、食空間などをあらゆる要素を総合的に
プロデュースできる人材が求められています。

このような食に関する知識を幅広く身につけた人に
与えられる資格がフードコーディネーターです。

級は、3級と2級があり、3級が入り口となっています。
指定の通信講座を受けたり、養成講座への参加も必須ではないので、
独学で直接受験することも可能です。
フードコーディネーターのテキストがあるので、
テキストから勉強して行けば、
取得はさほど難しいものではないでしょう。

フードコーディネーターを名乗るため、2級を受けるためには、
合格後に登録料が必要になります。

●こんな人にオススメ

食べ物が好きであることはもちろんのこと、
その上、デザインなどにも興味がある人が持っていると、
有利な資格です。

フードコーディネーターの活躍する分野は、
レストランなどの食品を提供する場だけにとどまりません。

近くに雑誌を開いてみて、パラパラとめくってみてください。
食品が出ていないことなんて、ありませんよね。
テレビを見ていても、食べ物を必ず目にすることでしょう。
それらを裏で支えているのがフードコーディネーターで
見栄えよく、美しく食べ物を引き立てるために
知識を役立てることができます。
デパートやスーパーでの陳列でも力を発揮できることでしょう。

調理師・栄養士・管理栄養士・製菓衛生師を持っていれば、
試験科目の半分(科学・文化)が免除されますので、
かなり有利で、取りやすい資格ですよ。

●資格の詳細

《主催》
特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
http://www.fcaj.or.jp

《受験資格》
18歳以上であれば問いません。
2級を受験する場合は、3級保有者であること。

《勉強方法》
スクール、テキストによる独学でも可能です。
試験前に講習会も開催されます。(テキストが必要です。)

《取得期間の目安》
本人次第です。スクールは約6ヶ月〜。

《取得にかかるおおよその費用》
講座、受験費用それぞれ一般 10,000円、会員 5,000円です。
合格後の認定登録料は 20,000円です。

《試験の時期、合格率》
試験は3級が秋ごろ、2級が初夏ごろ(1次、2次あり)。
合格率は3級が約90%です。

暮らしお役立ちニュース

テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1