ビアテイスター

●どんな資格

ビアテイスターは、日本ビール協会が主催する、
ビールに関係する資格です。
取得には、ビール協会に入会する必要があるのですが、
1日でビールの専門家としての基礎が学べ、
認定資格も受験できます。

セミナーで試飲するビールは約30種類。
特徴や、官能評価の方法や、注ぎ方、楽しみ方の他にも
ビールにあってはならない味や臭い(オフフレーバー)を学び、
ビアスタイルなどのアウトラインの基礎を学びます。

約8時間のセミナーの後には、約1時間の認定試験があります。
合格すればビアテイスターの称号をその場で頂けます。

筆記試験55問および官能評価試験6問となっていますが、
セミナーをしっかりと受講して、申し込み時に購入するテキストを
しっかり勉強しておけば十分に答えられる問題です。

受験者は半数が女性と紹介されています。
ビールがそれだけ多くの人に楽しまれているという証拠でしょう。
年齢、性別を問わず、ビールが好きな方は
安心して受験してくださいね。

●こんな人にオススメ

ビールが好きな人にオススメの資格であることは
間違いありませんよね!

ビアテイスター取得に必要な期間も1日という手軽さも
注目せずにはいられないところです。
講習会と試験を受けることで、
ビールに関する専門的な知識が身に付きます。
ちょっとした楽しみ方のコツを学ぶだけで、
ビールを飲む楽しみが大きく広がることでしょう。

日本ビール協会が行う認定資格のうち、
ビアテイスターはイチバン基礎にあたる位置づけとなっています。
上級クラスにはビアジャッジと呼ばれる認定制度もあり
より深くビールを学ぶこともできます。
どんどんステップアップを目指すことも、
ビールを楽しむ上で、喜びとなりますよね。

色々な国の、色々な素材のビールが出回っていますので
それぞれの楽しみ方、魅力を引き出す専門家は
販売する側にも求められるチカラですよね。

●資格の詳細

《主催》
日本地ビール協会
http://www.beertaster.org/

《受験資格》
日本地ビール協会の会員であること。
受講・受験時に入会することも可能です。

《勉強方法》
試験と同じ日に行われる講習会を受講します。

《取得期間の目安》
講習会と試験で1日。

《取得にかかるおおよその費用》
講習料・認定試験料、合計 16,000円、認定試験のみの場合 5,000円。
(教材費、合格時の認定料、認定書を含む。)
ビアテイスター資格呼称認定バッジ代は、別途 3,000円です。
※研究会員で新規入会し、受講・受験する場合の合計金額 38、000円。
※個人正会員で新規入会し、受講・受験する場合の合計金額 54,000円。
※非会員の場合、講習料 22,000円(教材費含む、試験は受けられません)

《試験の時期、合格率》
1〜6月の間に東京・大阪行われます。 合格率は約85%です。

暮らしお役立ちニュース

テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1