利き酒師

●どんな資格

利き酒師は、日本酒サービス研究会・酒匠研究会が主催する
日本酒のソムリエともといえる資格で、
日本酒に関する基礎知識はもちろん、楽しみ方やテイスティング、
料理との相性や、顧客の体調や好み、シーンに合わせた日本酒を
選んでサービスするなど、総合的に日本酒を評価できる
専門的な知識をもった人に与えられる認定資格です。

取得には、きき酒師認定講座を受講して、受験をします。
ワインの資格、ワインエキスパートと同じように、
筆記試験の他、口頭試問や、テイスティングもありますので
机上だけどの勉強で取得するには難しいでしょう。
それなりの知識が必要と言えますが、
努力次第では、約1ヶ月で
取得できるだけの知識を身につけることが可能です。

利き酒師の上位資格には、酒匠があります。
その他に、日本酒アドバイザーなどの認定資格もありますので、
日本酒を専門に扱う人には、注目していただきたいですね。

●こんな人にオススメ

日本酒のソムリエといわれる資格、日本酒を取り扱う販売店や、
趣味で日本酒が好きと言う人には、気になる資格ですよね。

協会のホームページでは、試験問題の体験版が公開されていますので
興味がある方は、ぜひ一度、チャレンジしてみましょう。

実は、この試験内容は、日本酒が好きな方でも
唸るような内容になっています。
それだけ奥が深く、専門的な分野ではありますが、
合格した時の喜びもひとしおであると言えます。
利き酒師の資格を目指して勉強することで、
日本酒に関する知識が広くなり、正確に積み重なります。
それにより、日本酒の楽しみ方が広く深くなることは
間違いありませんよね。

世界でもファンが増える一方の日本酒です。
日本が誇るライスワインを世界に広げるキモチで、
勉強してみるのも楽しいものですよね。

●資格の詳細

《主催》
日本酒サービス研究会・酒匠研究会
http://www.sakejapan.com/

《受験資格》
20歳以上で、講習会の修了者であること。

《勉強方法》
講習会、VTR受講、通信講座など。

《取得期間の目安》
講習会は1日、通信講座は約半年。
(講習会から受験までは約1ヶ月あります。)

《取得にかかるおおよその費用》
会場受講料 25,000円、VTR受講 30,000円、通信教育 150,000円。
会員の場合は、1割〜2割の割引があります。
受験費用は、15,000円
合格後、協会会員になるための費用、認定料などで
合格後の諸費に、48,000円必要です。

《試験の時期、合格率》
講習会・受験の時期は2月、11月。 合格率は約75%です。

暮らしお役立ちニュース

テゴリ

ティーインストラクター

調理師

栄養士

製菓衛生師

ふぐ調理師

家庭料理技能検定

パン製造技能士

フードアナリスト

食品衛生責任者

惣菜管理士

フードコーディネーター

ワインエキスパート

ビアテイスター

利き酒師

焼酎アドバイザー

バーテンダー

チーズプロフェッショナル

日本茶アドバイザー

ルメどーん!!

シュールストレミング

鮭ハラス?

日本独特のグルメ番組。

バーベキュー用の肉はどこで買いますか?

愛おしのバーガーキング

焼肉こそ至高

浪花の味

おいしいものはお取り寄せするにかぎる

食材宅配を利用してみました

ゆっくり食べる!

朝食には白いご飯がかかせません

秋限定、御菓子処川上屋の栗きんとん

博多ラーメンについて

料理ブログ

不思議と飽きない家庭料理

毎日のご飯に悩んでいます

一番安心、家庭料理

エキゾチックスパイス料理

オイルサーディンに挑戦

日々の夕飯作り

オムライス

和食で和やかに

ガッパオを喜んでくれました。

シェパードパイ

シンプルで解りやすい料理

彼が大好きなメニュー

一番はやっぱり値段です

食品に関する不安感

自身を守るための数少ない情報、それが食品の産地表示

営者情報・リンク集

サイト情報・プライバシーポリシー

資格リンク集1

ビジネスリンク集1